包茎手術をした夫との暮らしの体験談④:包茎手術に関する知識が増えた

包茎手術体験で夫婦の性生活も円滑なものに

包茎の中でも真性包茎や重度の仮性包茎などでは、性生活がままならない、特に真性包茎の場合は鬼頭部分に皮がかぶったままになっていて無理やり女性器に挿入しようものならば痛みが走り性生活どころではなくなってしまいます。
包茎手術は、鬼頭を覆っている皮を切除して露出させるために行われる手術の総称ですが、体験してみるとその効果がどのようなものであるのかわかるようになります。

包茎手術を受けるまでの間は、包茎の状態にもよりますが自ら皮を剥いて鬼頭を露出することができなかったり、露出できても痛みが伴うなどで敏感な状態になっていることも少なくありません。
仮に、自ら皮を剥くことができない状態では、常に鬼頭は皮に覆われた状態になっているので内部に雑菌が繁殖しやすい状況になりやすく、衛生面においても不潔な状態を維持してしまうことになり、匂いなども起こりやすくなってしまうわけです。
その点、包茎手術を体験することで清潔に保てるといった知識を得ることもできるのではないでしょうか。

真性包茎は包茎手術をしないと激痛になることも

真性包茎は、自ら皮を剥いて鬼頭を露出させることが困難な状態を意味するものです。
包茎手術体験をすると鬼頭は常に露出した状態を維持できますし、夫婦の性生活も円滑なものになるなど真性包茎での包茎手術は必須であることがわかるのではないでしょうか。
なお、真性包茎のままの状態にしていると、鬼頭の先端部分が痩せて来るなど男性器そのものの形に変化が生じることもあるといいます。
先細りになると性生活で女性器に挿入したとき、パートナーへの刺激を与えにくくなるなどセックスレスの原因に繋がることもあるといいます。

包茎手術の体験は性生活を円滑なものにするだけでなく、パートナーへの刺激にも良い影響を与えられるなどの知識の向上にも役立てることができるわけです。
また、包茎手術で鬼頭が露出した状態になると、下着などのこすれで鬼頭への刺激を常に受けるようになるため、早漏の防止などにも良い効果を期待できるのではないでしょうか。

まとめ

包茎手術体験をすると、鬼頭は常に露出した状態を維持できるようになり、手術を受ける前の性行為で痛みがあったり匂いが気になるなどがなくなるメリットもあります。
また、常に露出した状態を維持できるようになるので外部からの刺激に対しても強くなる、仮性包茎などで生じやすい早漏の治療にも良い効果を期待できる、性生活を円滑に変えてくれるなどの知識を得ることもできるのが包茎手術の特徴の一つといえるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です